魚をさばくときに活躍する出刃包丁が切りやすくて使いやすい理由

Knife

出刃包丁の特徴や用途

出刃包丁といえば和包丁の中でも有名な部類に入り、多くの方がご存知かと思います。また、出刃包丁は簡単に手に入れることができるので日々の料理で使用している方も多くいらっしゃるかと思います。出刃包丁という名前の由来ですが、この包丁を作った大阪の堺の鍜治屋がひどく出っ歯であったため出刃包丁という名前になったとされています。
出刃包丁の形状は分厚くて重く、刃の先端は鋭く反り返っているという特徴があります。この形状は効率的に魚をさばくためのものです。また、包丁をさらに頑丈にすることで、魚の骨まで切れる現在の出刃包丁が出来上がりました。したがって、この出刃包丁の用途は魚をさばくことであり、この出刃包丁は魚をおろすことに特化した包丁なのです。また、頑丈な包丁なので肉を切ることに用いられることもあります。
出刃包丁の特徴として、片刃であることも挙げられます。出刃包丁が片刃である理由は、片刃の方が両刃の包丁よりも固いものを切るのに適していること、また、両刃の包丁よりも長持ちすることの二点が挙げられます。両刃の包丁は左利きの方でも使えるようになっているのですが、片刃の包丁の場合、左利きの方は左利き用を選んで買わないと普通の片刃の包丁は使いにくいと思いますので注意してください。

切る素材によって変える出刃包丁の種類

あまり使わない方は出刃包丁といっても使い方が分からない、料理は菜切り包丁一本で十分と思われがちですが実は包丁は素材に合ったものを選ぶ事で素材に与えるダメージを少なく出来包丁自体の欠けを防ぐ事になります。出刃包丁は基本的に魚を捌く為の包丁で骨に当たっても欠けにくい様に太く、作られていて重さがありますがそれは魚を捌く時にぶつ切りにしたりする際小骨だけでなく太い骨を切る事になる為です。
また、角度を鋭くする事で切れ味が良くなる為片刃の物が多いですが最近は両刃の出刃包丁も出回る様になって来ました。両刃の出刃包丁もありますが、片刃程の切れ味は期待せず使いやすさを追及した物です。刃の種類だけでな出刃包丁には大きさ、刃に使われている鋼の種類が色々ありどれを選んで良いか迷うところですが、用途と手入れを考えれば難しい事はありません。
どんな魚を捌く事が多いのか、手入れは簡単な方が良いのかそれがわかっているだけで出刃包丁出刃包丁を選ぶ基準が絞れてきます。本出刃包丁は最も馴染みの深い包丁で刃が太く15cm程度の物が良く使われます。小魚を捌くのが多いなら小型の小出刃包丁で刃渡り10cm位のものがよく、魚をぶつ切りにする事がなく3枚におろしたり身を加工するのに適しているのが中出刃包丁です。中出刃包丁は刃が薄い為欠けやすいので要注意です。

主婦にお勧め小出刃包丁

出刃包丁というと、職人さんが使用するイメージがありませんか?でもこの出刃包丁、家庭で1本所有していると調理にとても便利なんです。でも職人さんが使用するような大きな出刃包丁だと手入れも大変そうだし、うまく使いこなせるか心配ですよね。そんな時に重宝するのが小出刃包丁です。小出刃包丁が1本あると家庭で魚をさばくときなんかにとても重宝してくれます。
包丁には両刃と片刃があります。しかし魚の骨などを切るときには、より切れ味のいい片刃のほうが向いています。出刃包丁も片刃の包丁です。小出刃包丁は本出刃包丁より、刃渡りが小さめにできています。本出刃包丁がだいたい刃渡り15センチ以上のものを指しますが、小出刃包丁は10センチ前後です。そのため手が小さく力が弱い女性でも扱いやすくなっています。
しかし本出刃包丁の同じく、刃先は鋭く、またとても厚く造られているので刃が欠ける心配ものなくとても丈夫な包丁です。この包丁で家庭で扱う程度の小型の魚でしたら、十分にさばくことができます。また材質も一般的な「鋼」以外にも抗菌性も強く臭いのつきにくいステンレス製もあります。ステンレス製は手入れも簡単で、より衛生的に使用できます。

Contents

魚を扱うならこの包丁があれば大丈夫!

どのご家庭にも必ずある包丁。皆さん、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?数多くの包丁のなかでも魚を三枚下ろしなどに使う「出刃包丁」一体どんなときに…

どのタイプの出刃包丁を選べば良いか

魚をさばいたり、おろしたりするときに使う出刃包丁ですが、色々な種類がある中でどのタイプを選んだらよいのでしょうか。それぞれに特徴があるので紹介していきたい…

出刃包丁の使い道を考える

私の父の趣味が魚釣りで、よく釣ってきた魚を自分でさばいていました。そのため、実家には出刃包丁は置いてあるのですが、核家庭が多い昨今、出刃包丁を持っている家…

List

TOP